GREEN TEAM

エコ・環境商品のアンテナショップ

よくあるご質問

Home > よくあるご質問

商品に関してよくある質問にお答えします。
項目をクリックすると、詳細がご覧になれます。

 

ウルトラファインバブル生成ノズル『UFBDUAL』

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

 

良水工房

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

 

オゾン発生器

水槽の清浄化や魚の成長促進を目的として養殖の現場でも利用されていますので、安心してご使用いただけます。

Load More

一時的なものではなく、完全な脱臭です。
ニオイの原因となっている物質そのものを、オゾンをぶつけることにより、分解させます。例えばお風呂に入浴剤を入れて、色を変えた後オゾンを投入すると、無色透明に戻ります。これはオゾンで色素自体を酸化させ、分解するからです。もちろん、脱臭完了した場所に、再びニオイをつければ、また臭い始めます。

Load More

オゾン発生器の消費電力はとても低く環境に優しい機械です。たとえば当社上位機種オゾンクラスター1400の場合、1日1円程度 (※) の電気代にしかなりません。オゾンマートのオゾン発生器は電気分解方式という生成効率の非常に高い方式だからです。オゾン水生成器はオゾン発生器と比べると消費電力が大きくなります。※ 1日の使用時間が1時間の場合

Load More

オゾンのカーナビ等電子機器への影響ですが、問題ありませんので、まずはご安心ください。あまりに高濃度にして何ヶ月も放っておく、直接電子部品にオゾンを何日間も吹き付ける等、意図的に傷つけるためにオゾンを使うようなことがなければ、問題が起こるようなことはありません。実際に、既に多くのカーディーラー様や自動車関連の事業者様にご使用いただいております。

Load More

基本的にオゾン散布のために何かを退避させる必要はありません

Load More

生ゴミ、アンモニア臭、腐乱臭等の酷いニオイの場合についても、オゾンは大変有効です。ニオイが強力であるのであれば、出力の高い、強力なオゾン発生器を使ってください。強いニオイであったとしても、30~40分も オゾンを放出させれば、十分な効果を期待できます。ニオイが強い場合は、霧吹き等で湿度を高めたり、ニオイの元となる場所を水拭きした後、オゾンを放出させたり、オゾン放出~換気を繰り返すことで、強い効果を得られます。リフォーム業者様や特殊清掃業者様に、たくさんの実績がありますので、安心してお使いいただけます。

Load More

染み付いたタバコ臭を完全脱臭する場合、期間を空けて繰り返し脱臭する必要があります。長期に亘り喫煙されていた車では、クロスやシートの奥まで臭いが染み付いているためです。1回あたり最大30分を目安にして、オゾンが臭いの深部に届くまで繰り返し脱臭を行うと臭いが取れます。

Load More

化学物質の中には、分解が難しいものがあります。香水や化学薬品等はオゾンと反応せず、臭気が残ることがあります。油臭についても、有機物ではなく化学物質によるものですので、オゾンでの分解は難しいです。油自体のニオイについては、オゾン以外の方法で消臭する必要があります。

Load More

オゾン水を使ってお野菜の残留農薬の除去や食器の除菌を行った場合、そのままお野菜や食器に口をつけても問題はございません。実際、歯科医では患者さんのうがいにオゾン水を利用する現場もあり、そういった医院ではオゾン水を直接口の中に入れています。ですが、弊社製品はあくまで家電であり、医療用機器ではございません。万一、誤飲されても健康を害する心配はございませんが、直接の飲用はお避けください。オゾン水を飲用することで何らかのトラブルがあったとしても、弊社は責任を負いません。

Load More

オゾン水の残存オゾン濃度は21分毎に半減する、とされています。例えば5ppmのオゾン水であれば、21分後に2.5ppm、それからさらに21分後に1.25ppm…と減っていきます。ですがこれはあくまでも理論値であり、温度や水の純度など条件で変化します。実際は30分経っても半減とまではいきませんが、なるべくお早目にお使いください。

Load More

オゾンの危険性ですが、これまで弊社オゾン発生器で事故等が起こったことはありません。基本的に、業務用オゾン発生器の場合、有人の場所で オゾンを放出することは避けてもらっています。誰かがいる環境に対してのオゾン放出はお控えください。

Load More

 

銅殺菌製品『Plapper』

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More